医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2018/05/29

マイナス成長時代に突入するか否か 長期データ検証

先日の分析(市場成長率と人口動態の関係 ~マイナス成長時代に向け必要な意識改革~)の続き。2009年から2016年までの年度間の対前年比伸び率を都道府県別に比較した。横軸は80歳以上の人口比率。なお下記グラフには全国計の点も含まれている。


赤点で示したのは2010年度。なぜここだけ上振れしたか? おそらく民主党政権自体の診療報酬改定の影響。急性期入院医療に4000億円配分することとなり(改定説明資料では4400億円)、結果、その年度の入院医療費が大幅に伸びたと思われる。

2010年は特別であるとして、青点でプロットした残りの7年度は、あまり年度間の違いはなく、80歳以上の人口比率とかなり相関があるように見られる。

人口動態がある程度想定できる。おそらく入院医療費の伸び率は徐々に緩やかになり、地域によってはマイナスになると想定される。

このような状況を踏まえ、日満協の武久先生のご意見(下記)を読むと興味深い。

日慢協BLOG —- 日本慢性期医療協会(JMC)の公式ブログサイト » 2040年の社会保障費、「予想を見直したほうがいい」 ── 医療保険部会で武久会長 日慢協BLOG —- 日本慢性期医療協会(JMC)の公式ブログサイト » 2040年の社会保障費、「予想を見直したほうがいい」 ── 医療保険部会で武久会長

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...