医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2020/04/02

麻酔管理料の届出状況の可視化

2020年度DPC算定病院における直近の麻酔管理料の届出状況。縦軸のDPC算定病床数はDPC公開データ(2018年度実績)のもの。500床以上では大半が麻酔管理料Ⅰ・Ⅱ両方届出。

さらにDPC算定病院以外も加えて、比較した。
DPC算定病院は2020年度の病院群ごと、DPC算定病院以外はデータ提出あり・なしで分け、麻酔管理料の届出状況を見た。

DPC算定病院以外で、麻酔管理料Ⅰ・Ⅱ両方届出してるのは7病院(グラフでは細くてほとんど見えない)。周産期に強い病院や、防衛関係の病院などが含まれている。

昨今の医療機関を取り巻く環境を考えると、昨日掲載いただいたCBnewsの記事など、正直どうでもよいことなのでは?と思う。どこもそれどころでないことは重々承知しているのだが、弊社にできることがないので、粛々とデータ分析を続けている。

2020/04/01

エイプリルフールでも、つけないうそ

CBnewsに記事を掲載いただいた。

DPC病棟から地ケア病棟への転棟患者が期間ⅡまでDPC点数を算定することがテーマ。曖昧な「点」をはっきりさせるのであって、「曖昧な点」をはっきりさせることはできない。これは厚労省でなければ無理。自分なりの解釈などをしようものなら「エイプリルフールでした」ではすまない。

曖昧な「点」だけでも、把握・共有しておかないと、混乱しますよね?というのが主旨だ。

「温泉」を含む名前の病院は・・・

72施設。うち、療養病床を持っているのが63施設。精神病床を持っているのが9施設。

特に意味はない。病院名を見続けていて、興味が湧いたから。ただそれだけ。
温泉以外にも、「病院」や「センター」なども抽出してみた。

語句 含まれる施設割合
病院 93.8%
センター 5.7%
中央 4.4%
総合 4.4%
ホスピタル 1.0%
温泉 0.9%
クリニック 0.3%

「クリニック」を含む病院が22施設あったことは興味深い。

今日は4月1日。CBnewsの連載に改定がらみの記事を掲載いただく予定。世間の事情が事情なので、改定の話題はどうしたものか・・・と思いながらも、自分のもやっとしたものを書いたので、お読みいただけると幸いだ。今回はデータ分析の詰めが若干甘い(先週公開されたDPCデータを使えば、もう少し精度を高められた気がする・・・)。お許しを。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...