2022/06/23

敷地内薬局か・・・

急性期充実体制加算を届出してないところは何がハードルになっているのだろうか。

改定前の3月時点での検討(急性期充実体制加算の最も高いハードルは - CBnewsマネジメント)の答え合わせというほどではないが、届出状況を確認したのが、今回の記事。

急性期充実体制加算は400床以上の病院中心に - CBnewsマネジメント

届出していないところの理由についても、いくつかの病院から話を聞くことができている。中には大変興味深い例で、こちらが「なるほど」とうなるようなケースも。次回改定に向け中医協で議論が始まれば、敷地内薬局の要件などは間違いなく検証されることになるだろう。

届出や戦略策定の参考に、今回の記事をお読みいただけると幸いだ。

2022/06/16

素敵。

社内ミーティングメモ。


こちらは共有。素敵。ただただ、素晴らしい。机の上でデータを見ているだけでは、こういう発想はできない。

時をこえて、新しい命を見守る。― 北野病院ホスピタルアートプロジェクト2021 | 瓜生通信


こちらはディスカッション用(まだディスカッションしてないけど)。コロナ前、趣味と実益を兼ねて回ったエリア。

大館市 市立扇田病院の病床問題 1年ほどかけて議論を継続|NHK 秋田県のニュース

扇田病院、介護併設も視野 大館市が複数案説明|秋田魁新報電子版

2022/06/12

感染対策向上加算、長野や滋賀、島根は病院の4分の1以上が加算1を届出

感染対策向上加算。九州の一部の県が極端に少ないのは、届出の受理の問題か都道府県の重点医療機関の指定等の問題か不明。(福岡は重点医療機関の数に対し、加算1の届出が3割ちょっとなので、届出が出揃っていないだけ?? 正直、まだ現時点での判断は困難)

各地方厚生局 届出受理医療機関名簿(東北・関東信越 2022年4月1日現在、中国:2022年5月1日現在、その他:2022年6月1日現在)を基に作成
※埼玉県は6/10時点で未公表のため集計結果に含まれない 分母は全病院数