2023/02/03

FAXの活躍ぶりに嫉妬する

今週掲載いただいたCBnewsの記事。

非効率な診療所CT利用状況から見える未来 - CBnewsマネジメント

現状の1台当りの患者数を見ると、診療所は病院に比べ明らかに少ない。高額な機器が十分利用されていないゆえに、設備投資・維持費用に対する収入が少ないことが想定される。診療報酬点数の決め方を考えるなら、医療経済実態調査などを通じ、診療所のCT・MRIが「収益性が悪い」となれば、その点数が上がることを期待する。ただ、そうはならないだろう。

第8次医療計画や次期地域医療構想、外来機能報告などにより、CT・MRI等の高額医療機器の共同利用を推進するはず。にもかかわらず、診療所の点数を上げることは考えにくい。

それゆえ、診療所が競争力確保を主目的に、CTやMRIを持つのは早晩厳しくなるだろう。これは診療特性によりCT・MRIが必要不可欠なところが持つことを否定するわけではない。(例えば、緊急性が求められる救急領域を担うところや、撮像件数が多い診療領域を担うところなど)

このような将来を見据え、地域で限られた医療資源を有効に活用することに対し、もっと積極的になるべきというのが今回の記事の主旨。

ただ、様々な地域で、高額医療機器の共同利用の業務フローを見ていると、電話・FAXの登場頻度が高い。特にFAX。文書のやりとりをするためFAXが便利、高齢の開業医でもFAXは使えるなど、様々な理由でFAX最強。

あまりのFAXの活躍ぶりに、これは近々デジタル大臣の視察もありえるな、なんてことまで勝手に想像している。

もちろん、下記のようなシステムなどを利用し、ウェブ対応しているところもあるのだが、これはこれで、診療所の登録が進まない、困ったら結局電話が・・・みたいな話も聞く。

地域医療連携サービス C@RNA Connect | 富士フイルム [日本]

国立病院で初となるLINEを活用した予約システムの導入をサポート 九州医療センターLINE公式アカウントで初診・画像検査の予約機能の提供を開始 | LINE Fukuoka Corporation

しかし、病院側が「電話・FAXだけ」というのはそろそろ時代遅れになるだろう。ゆえに冒頭の記事を書いた。お読みいただけると幸いだ。

2023/01/20

大変なのは、家計も病院経営も

今日発表された消費者物価指数(統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI) 全国(最新の月次結果の概要))は、41年ぶりの上昇率だそうだ。

41年ぶりのことを報じた日経の記事

消費者物価22年12月4.0%、41年ぶり上昇率 通年は2.3%: 日本経済新聞


今回のCBnewsの記事は、その消費者物価指数も含め、この1年の病院経営に対する急速な環境変化について、まとめたもの。

納得度の高い燃油サーチャージの制度 - CBnewsマネジメント

有料部分では人件費についても触れているので、お読みいただけると幸いだ。

2023/01/14

社内ディスカッションメモ(MBS 医のココロ 「地域医療の未来」など)

今週のディスカッションネタ。(後者は、ディスカッションというより、雑談に近いか)


地域医療の未来 | 医のココロ presented by 沢井製薬 | MBS 毎日放送

すでにTVerで見ることもできたが、ノーカット版が10日から上記サイトで公開されている。


アステラス製薬・エーザイ・第一三共・武田薬品、環境負荷低減へ医薬品包装分野で連携: 日本経済新聞

上記は11日の日経産業新聞の記事。昨年10月の日経に、PTPシートの記事が載った際にも、社内で話題になった。 ちなみにPTPシートに薬が残っていると回収できないらしい。⇒ 薬の包装シートをリサイクル 第一三共系、横浜で実験: 日本経済新聞

これも関連ニュース ⇒ 薬の包装シート、アルミとプラに分別して再生 名古屋市立大が実証実験へ:中日新聞Web