医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2020/01/31

年2000件、クリアできる病院は900施設程度か

2020年度診療報酬改定。救急は看護必要度しかり、下記の加算しかり、手厚くなりそうだ。
(新)地域医療体制確保加算 ●点(2)救急医療に係る実績として、救急用の自動車又は救急医療用ヘリコプターによる搬送件数が、年間で 2,000 件以上であること。
2000件をクリアするか否かで、加算が取れる・取れないの分かれ目があるので、ギリギリのところは、何とか加算が取れるように積極的に受け入れする・・・といったことも考えられる。

病床機能報告から、全国の病院の受入件数と、医師数の関係をプロットしてみた。(余談だが、厚労省のウェブサイトで配布されている2017年度の病床機能報告データ、国保旭中央病院の救急車搬送件数がおかしい。千葉県のウェブサイトに置いてある個別のエクセルが正しいと思われる)


病床機能報告(2017年度)を基に作成

年2,000件を受け入れているのは、病床機能報告の対象病院の14%、約900施設。
救急車の受入件数ごとの病院比率
病床機能報告(2017年度)を基に作成

この加算が、医療システムを疲弊させるのではなく、地域の課題解消に貢献することを期待したい。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...