2022/06/23

敷地内薬局か・・・

急性期充実体制加算を届出してないところは何がハードルになっているのだろうか。

改定前の3月時点での検討(急性期充実体制加算の最も高いハードルは - CBnewsマネジメント)の答え合わせというほどではないが、届出状況を確認したのが、今回の記事。

急性期充実体制加算は400床以上の病院中心に - CBnewsマネジメント

届出していないところの理由についても、いくつかの病院から話を聞くことができている。中には大変興味深い例で、こちらが「なるほど」とうなるようなケースも。次回改定に向け中医協で議論が始まれば、敷地内薬局の要件などは間違いなく検証されることになるだろう。

届出や戦略策定の参考に、今回の記事をお読みいただけると幸いだ。

2022/06/16

素敵。

社内ミーティングメモ。


こちらは共有。素敵。ただただ、素晴らしい。机の上でデータを見ているだけでは、こういう発想はできない。

時をこえて、新しい命を見守る。― 北野病院ホスピタルアートプロジェクト2021 | 瓜生通信


こちらはディスカッション用(まだディスカッションしてないけど)。コロナ前、趣味と実益を兼ねて回ったエリア。

大館市 市立扇田病院の病床問題 1年ほどかけて議論を継続|NHK 秋田県のニュース

扇田病院、介護併設も視野 大館市が複数案説明|秋田魁新報電子版

2022/06/12

感染対策向上加算、長野や滋賀、島根は病院の4分の1以上が加算1を届出

感染対策向上加算。九州の一部の県が極端に少ないのは、届出の受理の問題か都道府県の重点医療機関の指定等の問題か不明。(福岡は重点医療機関の数に対し、加算1の届出が3割ちょっとなので、届出が出揃っていないだけ?? 正直、まだ現時点での判断は困難)

各地方厚生局 届出受理医療機関名簿(東北・関東信越 2022年4月1日現在、中国:2022年5月1日現在、その他:2022年6月1日現在)を基に作成
※埼玉県は6/10時点で未公表のため集計結果に含まれない 分母は全病院数


2022/06/10

すでに120施設を超えた急性期充実体制加算の届出

まだ、全県出揃ってないけど、今日時点の集計結果を。

急性期充実体制加算、122施設(埼玉県はまだ公表されていないため含まない)。多くは総合入院体制加算1と2から移っている。完全な新規も9施設。

下記は、改定前後の届出状況をカウントしたもの。数値は施設数。表の色(青・灰・橙)は、アップグレード・変更なし・ダウングレード(総合入院体制加算から急性期充実体制加算になったらアップグレードとしている)。

出所: 改定前 各地方厚生局 届出受理医療機関名簿(2022年1月1日または2月1日現在)、改定後 各地方厚生局 届出受理医療機関名簿(東北・関東信越 2022年4月1日現在、中国:2022年5月1日現在、その他:2022年6月1日現在)を基に作成
※埼玉県は6/10時点で未公表のため、改定前後どちらにも含めていない。届出なしには病院統合した施設が含まれるため、精査後に変更予定

2022/06/09

機能評価係数Ⅱの分析で

基本的な係数の仕組みを説明するのはそんなにニーズがないだろうし、改善余地とかテクニカルな話題も飽きられているだろうし、正直、記事にするようなネタは尽きた(クライアント向けに分析するのであれば、具体的な話になるので、OKだけど)。

なので、少し違う観点での分析を。

新型コロナウイルス感染症の臨時的取扱で、計算方法に特別措置が入っている影響を分析してみた。

カバー率の分布でコロナ対応が見えた? - CBnewsマネジメント

といっても、各病院の生DPCデータを持っていないので、あくまでも公開情報ベース。

結論は「臨時措置で下駄を履いた病院は来年以降に元に戻るので注意を」というもの。記事の裏側で、数々の分析の失敗プログラムがゴミ箱に。この苦労が報われることはないと思うものの、せめて記事をお読みいただければ・・・、そして、何かのお役に立てれば・・・、と祈っている。

2022/05/30

社内ディスカッションメモ(ダイナミックプライシングの続き)

ダイナミックプライシングの議論(5/14 社内ディスカッションメモ)の続き。


よく知られているのは人間ドックの料金の季節変動。例えば、こんな感じ。

人間ドックプラン | 公益財団法人 朝日生命成人病研究所 附属医院

 通常期料金(5月~1月受診)  41,800円(消費税込)
 季節割引料金(2月~4月受診) 38,500円(消費税込)


ダイナミックプライシングと合わせて理解しておきたいのは「デマンドレスポンス」

電力料金が毎日変わるダイナミック・プライシング、生活にどう影響: 日本経済新聞

デマンドレスポンスとは|Flexbee

Asymmetric Demand Response when Prices Increase and Decrease: The Case of Child Healthcare


CBnewsの記事は万人向け。そして時間配分の失敗をお許しくださる方は、ぜひオンデマンド配信を

改定関連の真面目な分析。クライアント向けに分析していた内容とは若干異なり、ざっくりとした内容。伝えたいポイントは押さえたつもりなので、よろしければ下記の記事をどうぞ。

一見地味なA方式の改定はインパクト大 - CBnewsマネジメント


また、金曜には、新入職員や新たに医事担当になった方など向けに、DPC制度のおさらいと、改定内容について、話をさせていただいた。余談だが、1時間の想定で準備をしていた。制度のおさらい40分、改定20分くらいで考えていたのに、話し始めたら、おさらいだけで50分弱かかってしまった。改定の内容はやけにあっさりしすぎて期待外れと思った皆様、ごめんなさい。そして、いつも貴重な機会をいただく医用工学研究所様に感謝。

【第1部】おさえておきたいDPCの基本と改定内容/【第2部】診療データ活用が病院全体にもたらすメリット - 株式会社医用工学研究所

このセミナーの内容はオンデマンド配信してくださるそうなので、ぜひご視聴ください。(CBnewsの記事内容にも触れてます。また、改定内容を急いで話そうとしている情けない姿もご覧いただけます。)




2022/05/14

社内ディスカッションメモ

社内ディスカッションのネタ、2つ。


アメリカの話。インフレ対応で看護師給与を引き上げ。医療費に上乗せしようとしている記事

Hospitals Look to Raise Treatment Costs as Nurses’ Salaries Increase - WSJ


日経MJ、4月29日の記事。美容室がダイナミックプライシングを導入することで、曜日・時間帯の繁忙のメリハリがついたおかげで、美容師が働きやすくなり、離職者が減ったという内容

ダイナミックプライシング、離職や食品廃棄も抑える: 日本経済新聞



DPCの改定ポイントをおさえよう

GWはどこにもいかず、ほぼ自宅に。やりたかった作業などもあったのに、あっという間に時間が過ぎた。

先日、CBnewsにGW中に書いた記事を掲載いただいた。

なぜ脳梗塞は転院で分岐設定されなかったのか - CBnewsマネジメント

今回は転院の分岐設定がテーマ。DPC制度の改定議論の振り返りとその影響について述べた。


同時期に、医用工学研究所のコラムでもDPCの改定内容について述べた。5月27日には下記のセミナーも開催いただくことになっているので、ご都合が合う方はぜひお申し込みを。

【第1部】おさえておきたいDPCの基本と改定内容/【第2部】診療データ活用が病院全体にもたらすメリット - 株式会社医用工学研究所


GW、あと3回くらい来ないかな・・・。

2022/04/23

摂食嚥下支援チームのことを書きました

摂食嚥下支援チームの設置が当たり前の時代へ - CBnewsマネジメント

改定前の摂食嚥下支援加算の届出施設を見ていると、なるほどなるほど、とひとり納得することが多かった。その印象を記事に落とし込むべく、様々な分析を行った。

ただし、様々というのはただの内部事情。記事に残ったのは、届出状況を分析したグラフ2つと表1つだけ。社会医療診療行為別統計などの分析は、使い所が見つからず、ただただ無駄に。また同時並行で介護施設の状況も見たかったのだが、これもボツに。

決して分析時間が足りなかった訳ではなく、「データ分析」が目的化して、あまり意味のないグラフを載せても仕方がない、というのが実態だ。

時間があれば、何かしら意味も見い出せた気がしなくもないが・・・。

2022/04/07

室料差額の可視化

CBnews、新年度1回目の記事を掲載いただいた。

室料差額はいくらに設定すれば良いのか - CBnewsマネジメント

室料差額の分析。今回は個室の室料差額の金額設定に着目。当然、東京などの大都市部が高く、地域差が大きい。しかも、東京都内でもかなり差がある。

記事では、都内にフォーカスした分析から、どのような金額設定にしたら良いか、その妥当性はあるのか私見を述べた。

下の日本地図は、市区町村別の個室の平均室料差額(病床数による加重平均。徴収していない病床は含めていない)。市区町村内に室料差額を徴収する病床が1病床もないところは白(1,000円未満)で塗りつぶしてある。


個室の平均室料差額
各地方厚生局 保険外併用療養費医療機関名簿(関東信越厚生局:2022年2月1日現在、その他厚生局:2022年3月1日現在)を基に作成


2022/03/25

怒涛の3月、原稿は期限に間に合った

CBnewsに掲載いただいた記事について、ブログでコメントするのを忘れるくらいバタバタしていた。そのバタバタは仕事と関係なく、濃厚接触者で隔離になったことが主な要因(リモートワーク、テレビ会議の時代で良かった)。

前回、今回の記事はこちら。

急性期充実体制加算の最も高いハードルは - CBnewsマネジメント
⇒クライアントの病院の方と、緊急手術の件数、要件がはっきりしないよね・・・といった話をしていた急性期充実体制加算。3月4日に告示・通知が出て、土日で分析した記事。機能評価とJCI、ISO9001の整理に一番時間がかかっている。だが、それがクリティカルになる病院はほとんどなかった。狙いはちょっと外れてしまった。

回リハの重症患者割合引き上げは院内転棟優遇策か - CBnewsマネジメント
⇒こっちは、急性期充実体制加算の分析前から準備してあったネタで、とっかかりの分析自体は結構前に整理しておいた。原稿を書きながら、効率性係数との関係などの分析を追加した。入院料1の病院が結構厳しいという話を、多くの回リハの病院から聞いているので、分析が大外れということもなさそうだ。


改定1週間前か。3月があっという間すぎて、まだ1週間前という気がまったくしない・・・。

2022/02/24

これまで看護配置と看護必要度はリンクしないと言ってきたけど、さすがに矛盾が目立ち出したぞ・・・

CBnewsに看護必要度の改定をテーマにした記事を掲載いただいた。

改定で広がる看護配置と看護必要度の矛盾 - CBnewsマネジメント

今回は具体的な対応ではなく大局的な内容。「看護配置と看護必要度の矛盾が広がってしまって、この制度は大丈夫??」というのが主旨。整形外科病棟は、看護必要度が高いのに看護配置は手薄、ってさすがに他の手厚く人員配置している病棟から「なんで??」とはてなマークがつくでしょう。入院料2と3、4~6なら点数変わるだけに、整形の強い病院だけずるい、と妬まれかねない。

ただ、この話は2022年度改定よりも、さらに先の話なので、焦る必要はない。


今回、CBnewsの記事でほとんど触れなかった具体的な対応の話は、下記のセミナーなどで説明する予定。アーカイブ配信もあるらしいので、ぜひどうぞ。

2022年度診療報酬改定の徹底分析と対策 新社会システム総合研究所


2022/02/09

地ケアの院内転棟、許可病床200床から400床未満も減算対象か・・・

CBnewsに新しい記事を掲載いただいた。

地ケアの院内転棟の制限、減算を受け入れるべきか - CBnewsマネジメント

答申が出た日の朝に・・・。それゆえ、出た瞬間から鮮度が落ちてしまっていることは、どうか許しを。ただ、答申の内容にかかわらず、言いたいことは変わらないので、できれば最後までお読みを。

こちらの都合でしかないのだが、先月から用意していた院内転棟のシミュレーションを、今日の答申の内容を見て、今日中にまとめるというスケジュールはちょっと無理があった・・・。

そのシミュレーション内容は今週末の日経ヘルスケアのセミナーでMMオフィス工藤氏に見てもらいながら、コメントをもらう予定。申し込み、明日の昼まで間に合うらしいので、よろしければどうぞ。

急性期充実体制加算 > 総合入院体制加算 なのか・・・

答申が出てきた。急性期充実体制加算の説明、間違っていた可能性が高い。インパクトを試算すると、総合入院体制加算より急性期充実体制加算の方が高くなる(逆だと思っていた)。まだ要件が分からないものの、総合入院体制の上位バージョンができた、ということなのだろう。

この1週間、点数シミュレーションを繰り返しているのだが、実際の点数が出てくると、色々ばたばたでやや混乱中。下記はこの一週間の説明資料とその差し替え。なんせ、答申で出てきた点数は、先週金曜の医用工学研究所のセミナーで想定していた点数の10倍近いから・・・。要件はいったいどうなることやら。





2022/01/26

最新の短冊の情報を盛り込んで・・・・ありません!!

魅力に欠ける早期離床・リハビリテーション加算の点数 - CBnewsマネジメント

まだ短冊の中身を知らないときに書いた記事が、短冊が出た日に掲載される・・・。スケジュールの都合なので仕方ない。とはいえ、内容がおかしいことにならないか、変なことを言っていないか、どきどきだった。

短冊を見たところ、どうやら、おかしなことは言っていないようだ。

早期離床・リハビリテーション加算は点数引き上げに含みを持たせているし、対象となる治療室も想定通り、拡大された。早期栄養介入管理加算も同様、治療室の拡大、そして、経腸栄養とそれ以外で点数が段階化される。

ICUなどでの早期離床の取り組みは、ICUなどの入院料の高さを考えると、(医療資源の適切な利用の観点で)極めてコスパのよい取り組みだ。ゆえに、もう少しインセンティブをのせた点数にすべきだと思うのだが・・・。

2022/01/13

クチコミの闇を暴く!という意気込みではなかったのだが、結果的に見えてしまった闇

「Googleマップ」のクチコミが悪いのはウチだけ? - CBnewsマネジメント

新年一回目のCBnewsの記事を掲載いただいた。診療報酬改定の議論が佳境を迎えているのに、まったく改定と関係ないネタ。年末年始に組んだプログラムで取得したデータを用いたかった・・・という読み手の都合を無視した、こちらの独りよがりな都合。

コロナ前の年末年始は、溜まっている本を読んだり、プログラムを組んだりするため、趣味と実益を兼ねて各駅停車の電車旅をするのが恒例だった。

しかし、コロナで状況は一変。外に出ず自宅にいる時間が圧倒的に長くなった。パソコンやスマホのバッテリーが切れる心配もないので、読書もプログラミングも自由なのだが、全然進まなかった。とはいえ、組みたかったプログラムは最低限動くようにできたので、チェックを兼ねて、データ処理をしたのが、冒頭の記事。

Googleマップのクチコミ、星の数は当てにならない、という持論を証明するために、大量のデータが欲しかった。記事では、医療機関以外にも特徴的な業種のデータを紹介した(飲食店、理美容室、ホテルなど)。データ処理自体は、これらの業種以外にも、市役所や警察など、クチコミを残す意味があるのか??という業種まで調査した。

主な調査結果は記事をお読みいただきたいが、Googleマップのクチコミをどこまで参考にするかは、見る側のリテラシーが問われている気がする。

昨日の毎日新聞の記事:

昨年の読売新聞の記事:

Buzzfeedの記事

また、Googleが問題を放置しているとも言える現状ゆえ、医療機関側は「勝手に開示されているクチコミ欄」自体を非表示にできるような選択肢があって然るべきではないかと思う。しかし、下記の裁判などを見ると難しいか・・・。

2022/01/05

これも「可視化」・・・仕事とは無関係ですが。

どうでもいい話。

マラソン合宿の1kmごとのラップタイムをグラフに。登りがきついところはタイムが落ち、下り基調のところは速くなっている。20km過ぎの登りで足を使い、26kmくらいからガクッとペースが落ちた。

ストライドに対する上下動の比率を見ても20kmくらいまでは好調。そこから身体が上下に跳ねている。

原因はトレーニング不足。そもそもランニングの時間・距離が足りていない。屋内の自転車ばかりではダメだ。30km過ぎからは背筋が痛くなった。

走る前の目標4時間15分に対し、結果も4時間15分だったので、まぁまぁの結果か。ただ前半で10分以上の貯金があったのに後半で食いつぶしたのは悔いが残る。そして、獲得標高が900m近いコースと強風は想像以上にきつかった。

累積標高差

上下動比(小さいほど良い。色はgarminの指標)

可視化を通じてダメさ加減が分かると、あとはのびしろしかない。

2022/01/04

荒波にもまれる覚悟

旧年中は多くの貴重な機会に恵まれ、たくさんの刺激をいただき、色々勉強をさせていただきました。大変感謝しております。

本年も分析の技術と価値の向上を目指し努力いたします。新たな領域への挑戦を意識しつつ、荒波にもまれる覚悟で望みます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。 

年末年始、ひとりマラソン合宿に。写真は大晦日の荒れ気味の海と日の入り。